PAGE TOP

体型審査

牛群審査

牛群審査を定期的に受検することは、牛群水準の向上には勿論、飼養管理や搾乳作業面でも極めて有効です。

概要

  • 審査巡回

    • 年2回(概ね6ヵ月間隔)、前・後期に分けて各都府県を巡回訪問して実施しています。
  • 審査対象

    • 原則として飼養する登録経産牛全頭を申込み。
    • ※5歳以上や廃用予定、疾病牛等は除くことができます。
      審査時期の概ね2週間前までにお申込みください。

審査成績の優秀牛群や高得点牛については、年度表彰や当協会Webサイト上で公表しています。

ホルスタイン種雌牛標準体型例

ホルスタイン種雌牛標準体型

審査標準を具体的に示したのが標準体型です。
実際の牛をこの標準体型と比較して、4大区分について50~99%の得率で評価し、得点を計算します。

決定得点計算式

決定得点 =(体貌と骨格%×25)(肢蹄%×20)(乳用強健性%×15)(乳器%×40)

線形審査

昭和61年から体型特徴をより明確に表示する線形審査評価法(1〜9の評点)を実施しています。

  • 主要形質(※ 国際標準形質)

    • 1.高 さ ※(Stature)
    • 2.胸の幅 ※(Chest Width)
    • 3.体の深さ ※(Body Depth)
    • 4.鋭角性 ※(Angularity)
    • 5.ボディコンディションスコア
       (Body Condition Score)
    • 6.尻の角度 ※(Rump Angle)
    • 7.坐骨幅 ※(Rump width)
    • 8.後肢側望 ※(Rear Legs Set)
    • 9.後肢骨質 (Bone Quality)
    • 10.後肢後望 ※(Rear Legs Rear View)
    • 11.蹄の角度 ※(Foot Angle)
    • 12.蹄踵の厚さ (Heel Depth)
    • 13.歩 様 ※(Locomotion)
    • 14.前乳房の付着 ※(Fore Udder Attachment)
    • 15.後乳房の高さ ※(Rear Udder Height)
    • 16.後乳房の幅 (Rear Udder Width)
    • 17.乳房の懸垂 ※(Central Ligament)
    • 18.乳房の深さ ※(Udder Depth)
    • 19.前乳頭の配置※(Front Teat Placement)
    • 20.後乳頭の配置※(Rear Teat Position)
    • 21.乳頭の長さ ※(Teat Length)
    • 22.乳房の傾斜 (Udder Tilt)
  • 調査形質

    • 1.乳房バランス・盲乳
    • 2.融合乳頭
    • 3.けいれん肢
    • 4.後肢浮腫
    • 5.つなぎ
    • 6.後肢の踏み
    • 7.巻き蹄
    • 8.開き蹄
    • 9.前躯の高さ
    • 10.肩の付着
    • 11.背腰の強さ
    • 12.尾根の位置
    • 13.陰門の角度
    • 14.寛幅
    • 15.乳房底面の高さ